この二人から禅は始まった


01

 

【バックナンバー2013.03.06】

 

前号でお伝えした「花の教え」より

 

 微妙香潔 (みみょうこうけつ)を生きるとは?

微・・かすかな違いに気づき

妙・・キメ細やかに接し

香・・近くには近くの、遠くには遠くの香りを味わい

潔・・いさぎよくさっぱりと佇まいを調えていく
花の教えの最初の実践者

マスターブッダがある日、

後継者を指名する場に足を運び、
いつものように弟子たちの前にすわります。

 

1387710_605787736138784_336893901_o

  (※画像は一葉観音です)

 

弟子たちはソワソワしています。
「いったい誰になるんだろう?
もしかして、あの人かな? 自分かも?」

 

ブッダは黙ってすわったままです。

 

弟子たちはさらにザワザワザワザワ。。。

 

「いつもは、すぐに話を始めるのに、
今日の師はいったいどうしたんだろう」

 

その時、ブッダは黙って一輪の花を手に取り、
ひねってにっこり微笑みました。

 

多くの弟子は、師の行為の意味をうけとりきれません。
その中で、ブッダから離れた遠い席にいながら、ひとりだけ、
満面の微笑みでブッダに返した方がいました。

 

ことばなくして、
真が通じたことを認めたブッダは、
ただちに彼を後継者に指名し奥義を授けました。

 

「真理にことばがないことを理解していること。
 目の前の現実に、己のこころの眼で摂理をみてとっていくもの。
 このこころをおさめ、ただちに行為に表した迦葉(かしょう)に託す」
 とだけ言い、ブッダはサラリとその場を去ります。
 その言葉の余韻に、弟子たちはしばらく感化されるブッダの教育。
師のかすかな違いとキメ細やかさに気づき、
遠くであっても見極め、ただちにサッパリと微笑んで返す第2祖迦葉は、
やがて500人の大教団を率いて花の教えを整理しまとめ、
師のなきあと教えをきちんと調えることに尽くしました。

 
永平寺でも毎朝、このお二人に連なる57人のマスターの名を暗唱し、読みたたえています。

この二人から、禅が始まったのです。

 

花の教えが光の伝統として歩み始める歴史的瞬間

 

拈華微笑(ねんげみしょう) 華をひねってかすかにほほえむ。

以心伝心していくこころ美人道が、
茶華道にやがて大きく発展していきます。

 

今風に言うなら、
究極のコミュニケーションの姿

 

あなたにも、肝心な時に、言葉なくして
相通じ合えるかた、どなたでしょうね^^

 

wpbanner01


こちらも合わせてお読みください

http://zen-ses.net/index1 2016年03月24日 「忙中有閑」
http://zen-ses.net/index1 2016年03月21日 ひとり会議
p_pc 2016年05月17日 1000人の講演会!
http://zen-ses.net/index1 2016年03月30日 「よしたか」とは?


曹洞宗一等教師。宗教学修士。国際メンターシップ協会認定メンター。人生という旅を禅の力でたなおろし、根こそぎ生き直す「つきぬけ禅」を普及しています。禅数秘学の師としても、博多、大阪、東京、仙台、名古屋を巡業中!

ピックアップ

http://zen-ses.net/index1 2016年04月04日
SESSHIN
http://zen-ses.net/index1 2016年02月23日
いちごいちえの真実

Facebookページ

Twitter

2018年8月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

あなたのつきぬけ力に再会する10日間メール講座
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

Facebookで最新情報を購読


このページのTOPへ